2021/12/21

【映画】Red【dTV】

||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||

 

 

こんにちは☻

 

 

今回は、帆&妻夫木聡主演で

「ナラタージュ」「ファーストラヴ」などで知られる直木賞作家、

島本理生の衝撃的な小説「Red」を映画化した作品を語ります(`・ω・´)ゞ

 

映画のタイトルは、「Red」でございます✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

182816_01

 

 

お話の内容は、以下の通りでございます☟

 

 

大雪の夜。道端の公衆電話で村主塔子(夏帆)は

暗い表情で誰かと話しています。

少し離れたところに停めた車の外では、

鞍田秋彦(妻夫木聡)がタバコを吸っていました。

塔子は夫の真(間宮祥太朗)、幼稚園に通う娘の翠、

そして夫の母・麻子(山本郁子)、

出張で不在がちの父・宏(浅野和之)と暮らしています。

義母は協力的なものの、やはり塔子は窮屈さを感じています。

真はそんな妻の気持ちに全く気づくことなく、

塔子の優しさに甘えきっています。

週末、真の仕事関係のパーティに参加していた塔子は、

そこでかつて愛人関係にあった鞍田と再会します。

人気のない廊下でいきなり激しくキスされた塔子は、

成り行きで鞍田に送ってもらうことに。

海へと車を走らせた鞍田に塔子は、

「今とても幸せだ」と告げるのでした。

10年前、鞍田の建築事務所でアルバイトをしていた塔子は、

彼と別れたあと就職して働いていました。

しかし、真と結婚し出産した後、

保育園が見つからず不本意ながら退職していました。

その状況を知った鞍田から、

彼が今勤めている事務所で契約社員として働かないかと誘われた塔子は、

「必要ない」と渋る真を説き伏せ、働きに出ることを承諾させました。

 

新しい職場で働き始めた塔子をぶしつけに口説いてきたのは、

女癖が悪いと評判の小鷹(柄本佑)でした。

妙に勘のいい小鷹は、

職場の飲み会のあと無理矢理塔子を連れ出し、

塔子と鞍田の仲を詮索します。

小鷹は、塔子が母子家庭だということを言い当て、

塔子と鞍田が似ていると言います。

小鷹のペースにはまりそうになりながらも、一線を越えなかった塔子。

翌日、無関心を装いつつ小鷹とのことを気にしていた鞍田は、

塔子を自分のサポートにつけると一緒に車で出かけます。

車内でふいにキスすると、困惑する塔子を構わず自室に連れてきました。

初めて訪れる鞍田の生活感のない部屋に彼の孤独を感じ取った塔子。

ふたりは以前のように身体を重ね、求め合います。

朝、塔子が早めに出勤すると、

そこには既に作業している鞍田の姿がありました。

家の模型を作っている鞍田を塔子が手伝うと、

それは仕事ではなく趣味だと彼は言います。

本当に自分が作りたい家を考えていないと自分が失われてしまうのだと。

鞍田の理想の家づくりを手伝いながら、彼の気持ちを思いやる塔子。

鞍田が重い病気だと知った塔子は、

部屋からもっとよく景色が見えるようにと窓を大きくするのでした。

そんな中、仕事ぶりを評価された塔子は正社員になることに。

しかし、仕事のことや鞍田のことなどで、

心ここにあらずといった母の態度を敏感に察知したのか、

娘の翠がケガをしてしまいます。

そのことで真に責められ、罪悪感と絶望感から

塔子の気持ちはどんどん夫から離れていきます。

クリスマスの日。

それでもなんとか取り繕おうと、

塔子は鞍田にもう会わないと宣言して別れるのでした。

 

村主家では新年の挨拶が行われています。

塔子の実母、陽子(余貴美子)も呼ばれて来ていましたが、

居心地の悪さからそそくさと帰ってしまいます。

帰り際、塔子に向かって陽子は、

「嘘をついて生活して幸せなのか」と問います。

夫の意向で、実父と音信不通だということを隠している塔子を

責める陽子。

遠慮のない母の言葉に塔子の気持ちは揺らぎます。

新年初出勤の日。

塔子は鞍田が体調を崩し、年末から入院していることを知らされます。

感傷に浸る間もなく、

納期の迫った鞍田の仕事を小鷹とふたりで引き継ぐことになった塔子。

嫌がる夫に娘を任せ、新潟の蔵元に泊まりで出張に出かけます。

相変わらず鋭い小鷹に鞍田と別れたことを見抜かれた塔子は、

半ば諦めて小鷹にポツポツと語り始めます。

「鞍田さんは一緒にいてもいつも独り」なのだと。

すると小鷹は、「塔子もそうだ」と簡単に言い放つのでした。

無事に仕事は終了したものの、

折からの大雪で交通手段が絶たれ、

塔子たちはもう一泊せざるを得ない状況に。

真に連絡すると、塔子の不貞を疑っているのか、

それとも娘の面倒を見る自信がないのか、

「どんな手を使ってでも帰って来い」と言います。

理不尽な夫の要求に怒りをおぼえた塔子は、

なだめる小鷹の制止を振り切り、ひとり雪道を歩き出すのでした。

 

ひどい表情で雪道を歩く塔子の目に鞍田の車が映りました。

突然現れた鞍田は言います。

「いっしょに帰ろう」

ふたりの乗った車は、不安な雪道を東京に向かって進んでいきます。

途中、公衆電話で夫に電話する塔子。

帰って来いと言いながら、どういう手段で移動しているのか詰問する夫。

そして何かを疑っている話しぶり。

自分の気持ちを微塵も理解しようとしない夫や、

その常識の中に縛り付けようとする家族に絶望した塔子は

乱暴に電話を切ると、

左手薬指の指輪をはずして公衆電話の上にそっと置きました。

少し離れたところに停めた車の外では、鞍田がタバコを吸っています。

通り過ぎたトラックから吹き飛ばされた赤い布がふたりの間に落ち、

その上にまた雪が降り積もっていきます。

緊張を強いられる運転を続け、疲れの見える鞍田を気遣い、

ふたりはホテルで休むことに。

ふたりはそこで愛し合い、鞍田は

「ずっと塔子が好きだった、君をずっと探していたんだ」と告げました。

(もっと昔に言ってほしかった…)

もう長くない鞍田の命を思ったのか、

自分の運命を呪ったのか、塔子は悲しい表情を浮かべていました。

黒い服を着た塔子はひとり、

骨壷の入った箱を手に火葬場に佇んでいました。

背後でママー、ママーと泣きながら叫ぶ翠の声がします。

「一緒に帰ろう」と言う娘の言葉を静かに拒み、塔子は歩いていきます。

そして、翠と真の見えないところまで来ると立ち止まり、泣くのでした。

眠る鞍田を助手席に乗せ、夜明け前の山道を塔子は運転していました。

トンネルを抜け、発電用の風車が並ぶ道を走っていると、

夜が明けてきました。

鞍田は塔子の肩にもたれかかっています。

やつれた白い鞍田の顔、そして決意を感じさせる塔子の顔を、

朝の光が赤く染め上げていくのでした。

 

 

なんか重くて暗い内容の映画でございました(^-^;

 

塔子はこの後も一人でさみしく過ごす中と思うと心配ですが、

家族と暮らしているのに孤独を感じている塔子に戻ることも

きっと辛いのだと思い、胸が痛くなりました😢

 

わたはしはこの映画をdTVで鑑賞いたしました🎬

dTVとは、以下のようなサービスでございます☟

 

「国内外の大ヒット映画や話題のドラマ、

あの人気アーティストのプレミアムライブ、

さらにはdTVでしか見られないオリジナル企画まで

子供から大人まで楽しめる多彩なジャンルの作品が

月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。

 

強みは圧倒的なコストパフォーマンス!

 

話題作が毎月追加され、どんなに作品が増えても月額550円(税込)。

dTVなら高いコストパフォーマンスで映像作品を好きなだけ楽しめます。

 

dポイントで最新作がレンタルできます!

dポイントがもらえるお得なキャンペーンも実施中!

 

dTVなら、スマートフォン、テレビ、タブレット、パソコンなど、

好きなデバイスで視聴が可能です。

1人で、家族で、移動中に、お家でゆっくり・・・

様々なシチュエーションでお楽しみいただけます。」

 

気になる方は、こちらのリンクからご確認ください✅

初回初月は、無料🆓でございます★

ぜひ、自粛期間のおうち時間にご活用ください!

 

 

この度も、最後までご覧いただき、

まことにありがとうございました(❀ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾ᵖᵉᵏᵒ

 

 

 

||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||

投稿記事一覧