2021/12/14

【映画】十二人の死にたい子どもたち【dTV】

。o○゚+.(☆)゚+.○o。。o○゚+.(☆)゚+.○o。。o○゚+.(☆)゚+.○o。。o○゚+

 

 

こんにちは☻

 

 

今回は直木賞の候補になったことでも知られる、

様々なジャンルの作品を生み出すこ作家、

冲方丁初のサスペンス映画を語ります(`・ω・´)ゞ

 

タイトルは、「十二人の死にたい子どもたち」です❕

7d055ede986f096054234b13178ca291

 

登場人物が多いので、載せておきます(๑•ω-๑)♥

e437db311c2412cac99d083c26d26d9b

 

 

お話の内容は、以下の通りでございます☟

 

 

集団安楽死の舞台となる廃病院に、

サトシ(1番 高杉真宙)が裏口から入っていきます。

次に来たケンイチ(2番 渕野右登)は待合室で雑誌をめくっています。

ゴスロリのミツエ(3番 古川琴音)はトイレで片方のスニーカーを見て

ニット帽とマスクで顔を隠したリョウコ(4番 橋本環奈)は

走る黒い人影を見ました。

自動ドアの前にはシンジロウ(5番 新田真剣佑)。

外ではメイコ(6番 黒島結菜)に

黒い服のアンリ(7番 杉咲花)が声をかけ、

室内では金髪のセイゴ(10番 坂東龍汰)が

ノブオ(9番 北村匠海)に話しかけました。

降りてこないエレベーターを調べに二人で階段を登っていきます。

屋上から戻ってきた吃音でうまく喋れないタカヒロ(8番 萩原利久)と

出会い、エレベーターの扉にイスがはさんであるのを見つけます。

その頃、1階ではギャルのマイ(11番 吉川愛)が到着し、

最後にユキ(12番 竹内愛紗)が12の番号札を手に取りました。

集いの部屋に入ったケンイチは1番のベッドに男の死体を発見します。

参加者たちは続々と集まり、死体を含めて合計13人が揃いました。

しかし、最後にサトシが入ってきて死体を確認して言います。

「彼はどなたですか?」

「ゼロ番」と呼ばれることになった13人目の人物が

死体となって発見されたことで、12人の安楽死計画は狂い始めます。

 

サトシはこの集団安楽死の集いの主宰者であり、

すべて一人で準備したと言います。

死体が見つかるという不測の事態に、

このまま安楽死を実行するかと問うとケンイチが、

謎が解明されなければ実行できないと反対します。

警察官を両親にもつシンジロウは

鋭い観察眼で疑問点を見つけていきます。

あるはずのない車いすが置いてあること。

死体[ゼロ番]が飲んだと思われる薬は致死量には少なすぎること。

それを服用したら嘔吐するはずだがその痕跡がないこと等。

つまり死体[ゼロ番]は自殺ではなく殺されたのだ、と。

今度はセイゴが反対します。

母親に保険金を掛けられているセイゴは

殺される前に自殺する必要があり、ここに他殺体があっては困るのです。

参加者たちはグループに分かれ、

今まで見かけた不審物を確認しに行きます。

そんな中、徐々に明らかになる12人の死にたい理由。

ケンイチはイジメ、タカヒロは治らない吃音と大量の服薬。

そんなタカヒロは屋上で、さっきノブオに初めて会ったとき

彼が屋上の様子を知っていたことを思い出し、

「君が殺したの?」と問いかけます。

ノブオはあっさり認め、みんなの前で話すと言いました。

外に解体業者の車が現れ、慌てるアンリたち。

その隙にノブオは走り去ってしまいます。

集いの部屋ではノブオが戻らないまま、

シンジロウにより謎解きが行われます。

室内外で見つかった吸い殻はリョウコのもの。

マスクをとった彼女は芸能人“秋山莉胡”だったのです。

偽りの自分を葬りたいリョウコに、今度はミツエが猛反発。

ミツエは大好きなバンドマンの後追い自殺をしようと参加したので、

“秋山莉胡”ファンが同じことをしないよう、

リョウコに死ぬべきではないと主張します。

とりあえず準備だけでも進めようと、

再び分かれて道具を取りに行く参加者たち。

そこでユキの左手が事故の後遺症でうまく動かないことが判明。

シンジロウは末期の病気、マイはヘルペス、

ファザコンのメイコは自殺して保険金を父に残そうとしています。

サトシの父はかつてこの病院の経営者で、

医大受験に失敗した兄と母が無理心中騒動を起こして一家離散、

その後鬱になり自殺してしまったと。

するとそのとき、ノブオが現れます。

ノブオは自分をいじめていた同級生を

階段で突き落として殺したと言います。

そして同じようにさっきメイコに突き落とされたと。

 

メイコを責めるつもりはない、とシンジロウにすべてを託すノブオ。

シンジロウはノブオの協力者がアンリだということを見抜いていました。

誰よりも早く病院に着いていたアンリとノブオは屋上から、

実行の妨げになるものを排除しようと出入口を見張っていました。

車いすを押す黒い人影を見かけ、手伝おうと1階に降りていきます。

押していた人物は消え、車いすの死体[ゼロ番]だけが残されていました。

この死体[ゼロ番]にも参加意志があったはずだと考えた二人は、

集いの部屋に運び込もうとしますが、

まだ鍵が開いていないのでひとまず女子トイレに隠します。

でも女子の参加者をみたアンリは、別の場所に移すようノブオに指示、

イス2脚に乗せて運び出す途中でスニーカーが脱げてしまったのです。

そのとき突然死体[ゼロ番]から音が!

よく調べるとそれは死んでいなかったのです。

ということは、このまま実行すると殺人犯になってしまう…。

そもそもゼロ番は誰なのか? ゼロ番を連れてきたのはユキでした。

ユキは兄ユウキと二人で自転車に乗っている時に事故に遭い、

ユウキは植物状態に…。

ユキは自分を責め、もう楽にしてあげたいと申し込んだものの、

1名分しか空きがなく、仕方なくユウキ[ゼロ番]を車いすに乗せて

二人でやってきたのです。

でも車いすのせいでうまく入れず、

様子を見に来たアンリとノブオから隠れていたら、

二人が運び入れてくれたと言います。

そのアンリが最後に告白します。

幼い頃ネグレクトの母のタバコの火の不始末で火事にあい、

弟を亡くしたと。

自分には何の価値もない、生命を否定するためにここに来たと。

でもシンジロウは言います。

「中止を提案したい。みんなの決をとってほしい」

シンジロウ、ノブオ、タカヒロ、ケンイチ、マイ、セイゴ、

リョウコ、ユキ、ミツエ、泣きながらメイコ、そしてアンリ。

「全員賛成なので中止にします」とサトシ。

晴れやかに病院を出ていく参加者たち。

集いの部屋にはサトシとアンリ。

この集いが初めてではないと気づいたアンリは

「次も必ず参加する」とサトシに言うのでした。

「また会いましょ」

 

 

わたしはこの作品を見て、

死にたいと生きたいは、

紙一重だと思いました(*´ー`*)

 

わたしはこの作品を見て、

死にたいと生きたいは、

紙一重だと思いました(*´ー`*)

 

 

生きたくないけど死にたくもなくて

気持ちの行き場がないときもありますよね💦

 

そんなときの自分だけの心の保健室のような

逃げ場を用意しておくと、安心です💖

 

いっぱいいっぱいになる前に自分で気づき、

自分に正しく優しく対応することが大切です😉

 

 

わたしは、この映画をdTV で鑑賞いたしました🎬

dTVとは、以下のようなサービスでございます☟

 

「国内外の大ヒット映画や話題のドラマ、

あの人気アーティストのプレミアムライブ、

さらにはdTVでしか見られないオリジナル企画まで

子供から大人まで楽しめる多彩なジャンルの作品が

月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。

 

強みは圧倒的なコストパフォーマンス!

 

話題作が毎月追加され、どんなに作品が増えても月額550円(税込)。

dTVなら高いコストパフォーマンスで映像作品を好きなだけ楽しめます。

 

dポイントで最新作がレンタルできます!

dポイントがもらえるお得なキャンペーンも実施中!

 

dTVなら、スマートフォン、テレビ、タブレット、パソコンなど、

好きなデバイスで視聴が可能です。

1人で、家族で、移動中に、お家でゆっくり・・・

様々なシチュエーションでお楽しみいただけます。」

 

気になる方は、こちらのリンクからご確認ください✅

初回初月は、無料🆓でございます★

ぜひ、自粛期間のおうち時間にご活用ください!

 

 

この度も、最後までご覧いただき、

まことにありがとうございました(❀ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾ᵖᵉᵏᵒ

 

 

。o○゚+.(☆)゚+.○o。。o○゚+.(☆)゚+.○o。。o○゚+.(☆)゚+.○o。。o○゚+

投稿記事一覧