2021/11/29

【映画】IT ”それ”が見えたら、終わり。【dTV】

🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈

 

 

こんにちは☻

 

 

今回は1990年にTVドラマシリーズ化されて人気を博し、

今回が二度目の映像化で、初の劇場版となった、

IT ”それ”が見えたら、終わり。」を語ります(`・ω・´)ゞ

172420_01

 

 

お話の内容は、以下の通りでございます☟

 

 

1988年10月のある雨の日。

アメリカ・メイン州の小さな町、デリーで悲劇が起こります。

風邪を引いて寝込んでいた13才の少年ビルは、

7才の弟ジョージーのために紙のボートを作ってやります。

雨に濡れても大丈夫なようにワックスを塗り、完成した“ジョージー号”。

大喜びしたジョージーは黄色いレインコートを着込み、

ボートを持って雨の中、外へと飛び出して行きます。

ビルは吃音症を抱えており、言葉がスムーズに出てきません。

一人で遊びに出た弟を、不安げな表情で見つめていました。

ジョージーが水たまりの上に浮かべたボートは、

雨風の勢いを受けて滑るように進んで行きます。

一生懸命に後を追うジョージーでしたが、

ボートは道路の排水溝の中に落ち、一瞬で見えなくなりました。

慌てたジョージーが排水溝を覗き込むと、

暗闇の中に浮かび上がったのは二つの目玉。

驚いたことにピエロです。

ピエロは“ペニーワイズ”と名乗り、

「ボートを返してほしければ手をお出し」と言います。

ジョージーが手を伸ばした途端、

恐ろしい形相に変貌したペニーワイズが

ジョージーの腕を食いちぎります。

悲鳴を上げたジョージーはそのまま排水溝の中へと引きずり込まれ、

たちまち姿を消します。

降りしきる雨の中、道路は赤い血に染まっていました。

 

翌年の6月。

弟ジョージーの失踪から立ち直れないまま、

ビルは夏休みを迎えていました。

ビルの仲良しの同級生は、ひょうきん者のリッチー

ユダヤ人のスタンリー、喘息持ちのエディです。

四人はいつも一緒にいますが、

学校一の不良ヘンリーとその仲間達からいじめの標的にされています。

デリーに引っ越してきたばかりの転校生ベンもまた、

ヘンリーから目をつけられている一人でした。

友達もできず、図書館で本ばかり読んでいるベンですが、

たまたま話しかけてきた少女ベバリーに一目ぼれします。

彼女への想いを美しい詩にして絵葉書にしたため、

名前を書かずにこっそり送ります。

しかし、ベバリーもまた孤独な心を抱えていました。

父親から虐待を受けていることを誰にも言えずにいたのです。

ある日のことビルは、リッチー、スタンリー、エディと共に

下水道探検に来ていました。

排水溝に消えたジョージーが、

川へとつながる下水道にいるかもしれないと考えていたのです。

ジョージーは見つかりませんでしたが、

不良のヘンリーに追われたベンが逃げ込んで来て、

ビルのグループに加わります。

ところが、ベンを追って来たヘンリーの仲間の一人、

パトリックがペニーワイズに襲われて姿を消します。

その後、ビル達のグループにさらにベバリーが加わり、

ルーザーズ・クラブ(負け犬クラブ)”が誕生します。

偶然にも彼らは皆、

ペニーワイズが仕掛ける恐ろしい幻影に悩まされていました。

ベンやエディは不気味な男に追い駆け回され、

スタンリーは絵画に描かれた女に襲われます。

ベバリーの家ではバスルームから大量の血が噴き出し、

ビルもジョージーの姿に化けたペニーワイズを目にします。

そんなルーザーズ・クラブにもう1人、新たなメンバーが加わりました。

黒人だという理由でヘンリーに暴力を振るわれていたマイクです。

マイクもまた、ペニーワイズの姿を目撃して怯えていました。

 

図書館でデリーの町の歴史を調べていたベンは、

デリーで子供の失踪事件や謎の災害が多発していることを知ります。

奇妙なことに、子供の失踪事件は全て27年ごとに起きていました。

ルーザーズ・クラブのメンバーはビルの家に集結し、

プロジェクターでデリーの旧市街地の図面を調べます。

ジョージーが消えた場所の下水道は、

町はずれの古い井戸の家に繋がっていました。

その時、プロジェクターが映す壁のスクリーンに、

恐ろしいペニーワイズの姿が現れます。

「“IT(それ)”が僕らを狙っている」。

そう確信したビルは、ペニーワイズと闘うことを決心。

自転車に乗って井戸の家へと向かいます。

仲間達も不安を抱きながらビルの後を追い、

恐る恐る井戸の家に足を踏み入れます。

ペニーワイズはさまざまな姿となってビル達に襲いかかり、

床を踏み外したエディは腕を骨折します。

過保護なエディの母親はかんかんになって怒り、

二度と息子に近づくなとビル達に言い放ちます。

リッチーやスタンリーもまたビルを責め、

仲たがいしたまま彼らの夏休みが過ぎて行きます。

8月に入ったある日、ペニーワイズはヘンリーの心に憑りつきます。

ヘンリーは、威圧的な警官の父親を憎んでいました。

彼はペニーワイズにささやかれるままナイフを取り出すと、

ソファーでうたたね中の父親を刺殺します。

一方、ベバリーも虐待を繰り返す父親についに怒りが爆発。

便器の蓋で殴り殺しますが、

直後にペニーワイズに連れ去られてしまいます。

ベバリーが井戸の家にいるに違いないと考えたビルは、

仲間達と一緒に自転車を走らせます。

ところがそこに現れたのはヘンリーで、

井戸の中に下りようとしていたマイクと取っ組み合いになります。

ひと足先に井戸に下りていたビルは、

暗闇にジョージーの姿を見つけ、驚いて後を追います。

ベバリーは、これまで行方不明になった大勢の子供達と一緒に

空中に浮かんでいました。

意識のないベバリーにベンがキスをし、ベバリーは目覚めます。

 

ビルはついにジョージーと向き合います。

黄色のレインコート姿のジョージーは、

おうちへ帰りたいと言って泣いています。

ビルも堪えきれずに涙ぐみますが、

「お前は偽物だ」と言ってジョージーの頭を撃ち抜きます。

崩れ落ちたジョージーは、たちまちペニーワイズの姿に戻りました。

子供達は力を合わせてペニーワイズに襲いかかりますが、

ペニーワイズはビル1人を羽交い絞めにして、連れ去ろうとします。

ペニーワイズが欲しているのは、子供達の“恐怖”でした。

恐怖をむさぼることで、長い眠りにつけるのだと言うペニーワイズ。

しかし、ルーザーズ・クラブの仲間達にもはや恐怖はありませんでした。

恐れることなく勇敢に立ち向かってくる子供達に

ペニーワイズはたじろぎ、井戸の中に逃げ込みます。

ペニーワイズの体が砕け散り、井戸の奥底へ消えて行きました。

空中に浮いていた行方不明の子供達の体が、静かに地面に降り立ちます。

ジョージーのレインコートがぼろぼろになって落ちているのを見つけ、

泣き出したビル。

そんなビルに仲間達が寄り添うのでした。

そして9月。夏が終わろうとしています。

ル-ザーズ・クラブが再び集合しました。

果たしてペニーワイズは本当に死んだのか。

27年後、またあの悲劇が繰り返される可能性はあるのか。

ビルが言います。

もしもITが死んでいなかったら、再びここに集まると約束しよう。

手のひらをガラスで傷つけ、血の誓いを立てたルーザーズ・クラブ。

一人、また一人と家に帰って行き、

最後は二人きりになったビルとベバリー。

ベバリーは、ポートランドに住む叔母の家で暮らすと言います。

ビルとベバリーは別れのキスをし、

ベバリーもかすかに微笑んで去って行きました。

画面には「IT 第1章」と表示され、

最後にペニーワイズの不気味な笑い声が響き、

物語の続きを予感させて終わります。

 

 

このお話は映画館でも見たしdTVでも鑑賞いたしました👀

 

怖いシーンが多いのですがルーザーズクラブと話の内容が

好きで、何回も見たくなります(*´艸`*)

みんなかわいくてかっこいいと思います( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

 

何がペニーワイズに効くのか考えて戦うところが

わたしにはできないし、すごいと思いました(⑉• •⑉)♡

 

最終的にいったんは落ち着いたので、よかったです✨

 

 

わたしはこの映画をdTVで鑑賞いたしました🎬

dTVとは、以下のようなサービスでございます☟

 

「国内外の大ヒット映画や話題のドラマ、

あの人気アーティストのプレミアムライブ、

さらにはdTVでしか見られないオリジナル企画まで

子供から大人まで楽しめる多彩なジャンルの作品が

月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。

 

強みは圧倒的なコストパフォーマンス!

 

話題作が毎月追加され、どんなに作品が増えても月額550円(税込)。

dTVなら高いコストパフォーマンスで映像作品を好きなだけ楽しめます。

 

dポイントで最新作がレンタルできます!

dポイントがもらえるお得なキャンペーンも実施中!

 

dTVなら、スマートフォン、テレビ、タブレット、パソコンなど、

好きなデバイスで視聴が可能です。

1人で、家族で、移動中に、お家でゆっくり・・・

様々なシチュエーションでお楽しみいただけます。」

 

気になる方は、こちらのリンクからご確認ください✅

初回初月は、無料🆓でございます★

ぜひ、自粛期間のおうち時間にご活用ください!

 

 

この度も、最後までご覧いただき、

まことにありがとうございました(❀ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾ᵖᵉᵏᵒ

 

 

 

🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈

投稿記事一覧